キャッシングをする際は自己責任で!

お金を借りる理由はいろいろあるでしょう。個人的な都合の場合もあれば、他人のために借りることもあるかもしれません。ですが、いずれにしても、借りた以上は自分の責任になります。 他人のせいにしてはいけません。この点だけはくれぐれも注意したいものです。

 

借り入れにおいて、最も多い理由は趣味に使うためのキャッシングです。これはある程度、自分の中で我慢して、出来るだけ借り入れ額は低くするべきです。お金を稼ぐことは本当に大変です。毎日頑張っても、そんなに多くの給与はもらえません。だから借り入れは適正額にするべきです。通常、きちんと働いていれば確実に給与が入ります。またボーナスもあるでしょう。それなのに、なぜお金が不足するのでしょうか?

 

それは使いすぎに原因があります。日常生活や、趣味など、また付き合いで行く夜の飲み代も結構、多いかもしれません。そうやってお金が不足すると、キャッシングに走ることになるでしょう。確かにキャッシングは確実、かつ簡単にお金を借りられる手段です。親などから、借りると小言を言われたりしますし、やはり迷惑をかけることになります。その点、キャッシングは一つのシステムなので気軽に借りれます。ただ返済はすべて自己責任です。

 

過払い請求が唯一の例外

いずれにしても、キャッシングというのものは自分の責任で返済していかないといけません。他人のせいにしたり、頼るのも間違いです。もし、お金が無いなら、自分の資産を売ったりして、お金を返す必要があります。お金になる資産としては自動車が上げられます。また、持ち家の場合はマイホームなど、不動産を売れば大金を得ることが出来ます。借金の場合は元金だけでなく、利子も支払わないといけません。これが結構な額になるので注意したいものです。特に借金を返さずに放っておくと大変なことになります。少なくとも、毎月の利息分ぐらいは払うべきです。もちろん、元金を返済しないといつまでも借金が残ったままなので、元金を減らすことも大切なポイントになります。最近過払い金返還という例が増えていますが、これは払い過ぎた分の利子を返還してもらうというものです。これは例外的な事例であって、それ以外はきちんと利子も返済しなければいけません。早くに返済すればそれだけ利子も少なくなります。だから、頑張って早めに返済するようにしましょう。

 

まとめ

以上の点をまとめると、借り入れに関してはすべて自己責任であるということです。他人や保証人に頼らずに自分の責任で対処しましょう。お金が無い時は自分の資産を売却して資金を作らないといけません。借りたら返すと言うのは当たり前の事です。過払い金請求などの特別な例外を除いて、借りたお金はちゃんと利子も含めて返済する必要があります。他人のせいにするようなことはやめて、自分の責任で返すことに専念しましょう。もちろん、借金を踏み倒すなんて論外だと言えます。

キャッシング詳細


アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間

アコム