無利息で借入できるこのサービス、利用しない手はありません

2010年に貸金業法が改正されてから、金融業界はだいたい今の形に落ち着いています。それまでは、グレーゾーン金利などで今よりもっと高額な金利が当たり前だったことからも、消費者金融の数はかなりのものとなっていた。しかし、時代の流れとともにそれらの消費者金融の多くは撤退や廃業を余儀なくされ、今では消費者金融と銀行が共存するという形をとり、生き残りをかけて努力しているということになっているのです。

 

大手消費者金融だからこそできる大奉仕、無利息サービス

激動の時代を経て生き残っている消費者金融は、大手か悪徳かのほぼ2種類に大別されると言っても過言ではありません。同業者同士の競争もかつては激しかったものの、今では消費者金融同士が差別化を図ることは難しく、大手消費者金融もまた同様です。悪徳な消費者金融は別として、上限金利は各社で横並びになっているのが現状で、提携ATMや自動契約機の展開数にもそこまで大きな差はありません。そこで、近年大手消費者金融が取り組んでいるのが、無利息サービスです。貸金業者にとって、お金を貸してもその利息を取らなければ、利益を上げることができないのに、その利息を放棄するというのですから、かなりの大出血サービスだと言えるでしょう。

 

実際に、そのような大サービスを誰彼かまわず提供し続けるわけにはいかず、無利息サービスは30日間などの限定的なものとされることとなります。また、新規顧客を獲得するために、初回利用者のみに限って無利息サービスが適用されているという意味合いが強く、サービス終了後には通常通りの金利を設定するということがほとんどです。その後に顧客が継続して借入してくれることを狙ったものだと考えれば、苦肉の策ではあるかもしれませんが、納得のいくものだと言えるでしょう。そして、アコムでは、「30日間金利0円サービス」がなんと通年で展開されています。2014年10月から現在に至るまで提供されるこちらのサービス、利用しない手はありません。

 

「30日間金利0円サービス」を利用するために

アコムが提供するこのお得なサービスを利用するためには、条件をいくつかクリアする必要があります。損することなくサービスを利用できるよう、その条件について見ていきましょう。

 

新規利用顧客だけの特権

まず、初めてアコムを利用する人だけが、30日間金利0円サービスの対象となっています。また、「初めてアコムを利用する」ということについて、厳密にその条件が定められています。具体的には、現在アコムを利用している人が含まれないのはもちろん、契約だけ締結して実際には一度も利用してない人や、過去にアコムと契約していた人なども対象外とされているのです。まさに、これまでにまったくアコムと関わっていなかった人だけが使えるサービスということなのです。一度30日間金利0円サービスを利用した場合には、2度と同一人物がこちらのサービスを利用することはできなくなっているのです。

 

返済は「35日ごと」に限定されます

続いての条件は、返済方法についての制限です。本来なら、アコムでの借入を行うにあたってその返済日を「利用者が好きに設定する」か、「35日ごと」の返済とするか、「毎月6日」とするか、の3通りから選ぶことができます。しかし、30日間金利0円サービスを利用する場合には、「35日ごと」の返済日に限定されます。35日とは、初回契約日の当日は不算入で、その翌日から35日後に返済日がくるということなのですが、実際には返済日が来るまでの間はいつ返済しても良いということになっています。そして、30日間の金利0期間が終了してから、改めて返済日を指定するということも可能なため、「はじめは35日間で忘れないうちに早く返済を済ませてしまっておいて、30日経過後に給料日の直後あたりに返済日を設定しなおす」という方法がおすすめです。

 

30日間の金利0とは

契約した初日が不算入で35日ごとに返済日がくる、ということと同様に、30日間の金利0という期間についても、契約の翌日から30日間が金利0の期間だということになります。そして、この契約とは、借入をしたかどうかということではなく、アコムとの利用契約が締結されたということを指します。そのため、契約後すぐに借入をした場合には30日間の金利0期間をフル活用できるのですが、契約締結から日数が経過したあとで借入した分については、30日のうちの残りの日数分しか金利0円の恩恵を受けることができません。30日間を過ぎた場合には通常の金利が適用されますので注意しておきましょう。

 

まとめ

30日間金利0円サービスを提供することで、アコムは新規顧客獲得の機会を増大することをねらいとしています。しかし、このサービスは、利用者にとってはアコムの「お試し期間」だととらえることもできます。30日間について、金利が0なのだからその分アコムの他のサービスが制限されるというものではありませんし、利用者はアコムをフルに活用することができます。そのため、30日間金利0円サービスが適用されているうちに、他にも多数提供されているアコムの便利なサービスを利用してみて、今後もアコムを利用したいと思えるかどうかを判断することができるのです。たとえば、30日間の金利が0円ということであれば、給料日がその期間内にやってくることが大半のはずですから、無理のない金額を借りてみるということが良いでしょう。そうして、借入や返済手続きがどうなっているのかを確認してみたり、便利な会員専用サービスに一通り目を通してみたりして、実際に使ってみてこそアコムのことがよくわかるのではないでしょうか。

キャッシング詳細


アコムアコムのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 800万円 最大30日間

アコム